不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

PAGETITLE
不動産とは、土地やそこに建てられている建築物を指すことばで、それらを取り扱う業者のことを不動産業者、あるいは単純に不動産屋といいます。我が国のみならず、世界中どこにでも空いている土地や建物は存在し、そこを購入したいと思う人は大勢います。そんな人達の為に東奔西走するのが不動産屋であり、その業種のおかげで先祖代々の土地家屋がない人でも自分の土地や住居を得ることができ、それらを自分の子々孫々に受け継がせていくことが可能になるのです。

自分の土地家屋を持つというのは、人生の中でも最上級の夢であります。その為、立地条件にはついつい厳しくなってしまいます。近くに氾濫するような川はないか、最寄り駅まで何分かかるのか、大きなスーパーやショッピングモールは近所にあるのか、などなど例を挙げればキリがないですが、出来得る限り好条件の土地を可能な限り安く購入したいと思うのは致し方がないことです。

そうして手に入れた土地家屋は末代まで受け継がせていきたいと思うものです。建物自体はさすがに途中でリフォームや増改築、あるいは建て替えることもあるでしょう。しかし、土地は手放さない限りは永久に自分の、あるいは家族の物です。逆に言えば、その土地から他の土地に移りたい場合は土地家屋まとめて不動産屋に売却することも可能ということです。余程の事がない限りはそのようなことはないと思いますが、選択肢の一つとして覚えておいて損はありません。

注目情報

Copyright (C)2016不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.