不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

登記簿謄本は不動産の権利に関することを知ることが出来ます

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
重要な不動産に関する情報の入手手段として、不動産登記簿謄本を取得するという方法があります。これは登記事項証明書ともいわれます。その違いは、バインダー式で管理されていた時の呼び方が登記簿謄本で、コンピューター化された以降の呼び方が登記事項証明書になったというだけです。内容に違いはありません。長く不動産業界にいる人は登記事項証明書も登記簿謄本と呼んでいることが多いようです。そこで、その登記簿謄本には、いったい何が書かれているのでしょうか。

登記簿謄本の構成は3つに分かれています。最初に来るのは表題部と言われるものです。土地ならその土地の所在地番、それからその土地の使用目的である地目、そして地積です。建物ならその所在地と家屋番号、構造、そして床面積です。形状などを知ることはできません。次に甲区です。これは所有権に関することが書かれているところです。差押などの処分を制限する登記もここに書かれることになります。そして最後に乙区です。ここは甲区に書かれない権利が書かれることになります。代表的なものは抵当権や根抵当権などです。以上のように登記簿謄本を見ることによってその不動産の権利に関することを知ることが出来るのです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.