不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

情報を重視した不動産営業法

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
中国古来から伝わる兵法書に『孫子』というものがあります。この本において、特に重要視されている戦術として情報収集の重要さがあります。それくらいに、戦う前に相手の状況を把握しておくことが、如何に大切であるのかを説かれています。これを不動産業の営業に当てはめてみると、やはり自社テリトリー内の情勢を正確に知っておくのが肝要であると思われます。

これを行っておくことで、いざ売却依頼の問い合わせが入った際にも慌てる必要がありません。むしろ、メリットやデメリットの的確な指摘が出来ることで、信頼感も増すだろうと思われます。調査の段階においては、大変根気のいる地味な作業でありますが、一定数以上の調査データが蓄積出来れば、他社も簡単に真似は出来ないでしょう。その為にも繁忙期以外の時期には、こうした調査も行っておきたいものです。

いずれにしても、自社のテリトリーの特性をどれくらい掴んでいるのかで、その地域の住人からの信頼度も向上し、将来的に売却依頼を頂けるかもしれません。そこで、営業地域をより絞ってしまうのも良い方法なのかもしれません。意外に自社テリトリー以外の希望者についてはお断りすることで、新たな企業ブランディングに繋がるかもしれません。

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.