不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産を購入するとかかる税金とは?

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
土地や建物は不動産物件となります。このような不動産物件を購入したり所有することになると、いくつかの税金を支払う義務が生じます。どのような税金が発生するのか確認してみましょう。まず、不動産を購入するためには登記を行わなければなりません。登記することで自分の所有物であることが証明されるのです。このためには登録免許税を支払わなければなりません。登録免許税にかかる金額は、不動産の登記事項によって異なります。所有権の保存登記と抵当権の設定登記の場合は、課税標準額に0.4%の税率を掛けます。

また、所有権の移転登記を行う場合は、2%の税率を掛けて計算します。売買による土地の所有権移転登記の場合は1.5%となっています。不動産の登記は司法書士に依頼することが多く、土地や建物の購入時には司法書士に対して手数料を支払うことになります。また、不動産取得税という税金も発生します。不動産取得税は都道府県が課税する税金です。住宅の購入だけでなく増改築でも課税されますから気を付けましょう。この税金には軽減措置もあり、対象となる場合は大幅に減税されます。中古住宅を購入する場合は築年数などで制限があるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.