不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産物件を購入するときにかかる費用

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
念願のマイホームを購入するときは、一戸建てや分譲マンションの物件価格だけでなく、諸費用と呼ばれるお金を用意しなければなりません。不動産業者に支払う費用や税金などがあるので、不動産物件の購入予定がある方は、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。案内してもらった物件を気に入った、購入の意思を示すために申込金を払います。しかし、それだけではありません。仲介した不動産業者に対して仲介手数料を支払ったり、各種の税金も払う必要があります。売買契約の契約書に印紙を貼ることになりますが、その際の印紙税は決まっています。

売買契約書の方ですが、不動産物件の価格が1000万円を超えて5000万円以下だった場合は10000円の印紙税が発生します。物件価格が5000万円を超えると30000円など、価格によって変わります。また、印紙税は金銭消費貸借契約でも発生します。借り入れ金額が1000万円を超えて5000万円以下の場合は20000円の印紙税がかかります。借り入れ額が5000万円を超える場合は、60000円の印紙税となります。購入後に支払う税金には、固定資産税や都市計画税があります。毎年課税される税金となっています。

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.