不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産投資のメリットとデメリット

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
まず、不動産投資のメリットについて以下、書いていこうと思います。一番大きいのは、毎月の安定収入が得られることです。空室保証によりリスクヘッジが可能なので、ハイリスクではないと思います。場合によってはキャピタルゲインが得れることも魅力です。物件の不動産価値が上がった時に売却し、その差額で利益を得られる可能性があります。また、インフレヘッジ効果もあります。不動産投資は、時代に合わせた収入が確保できるので、家賃が大幅下落する事はなく、相場との乖離が少なくインフレに強いといえるのです。税制上のメリットも非常に魅力的です。

では、次に不動産投資におけるデメリットについてです。一番のデメリットは、空室のリスクです。家賃収入が途絶えることは、死活問題です。家賃保証サービスの利用や入居条件の緩和によりリスクヘッジできます。次に、災害による不動産価値低下のリスクです。地震や火災により、建物が倒壊・消失してしまうというリスクがあります。また、流動性の低さもデメリットです。不動産はすぐに現金化できないので、中長期の投資スタンスが好ましいです。

上記のメリット、デメリットを考慮するとデメリットはリスクヘッジが可能なものも多いので、メリットがデメリットを上回るかなと思います。

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.