不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産の知る保証料、手数料の削り方

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
不動産は、賃貸において費用を削る方法をいくつか知っています。実際に担当の人がいる場合、その人に聞いてみると良いでしょう。賃貸において初期費用は大きな負担になってしまうため、削ることのできる初期費用は削りたいものでしょう。

例えば、保証会社委託料において、費用を削ることが可能となっています。これは、保証料とも呼ばれています。保証料とは、家賃滞納の時に、取立ての電話を行う保証会社への加入料金のことです。敷金を指す保証金とは異なります。この保証料は、家賃における5割から10割が普通です。しかし、保証人がいる場合は、そのプランは安くなることが多いのです。一度、この保証料が毎年どれだけかかるかを確認しておきましょう。基本的には、最も安い保証会社の最も安いプランが提案されます。しかし、中には、初期費用は安いが、その後の更新において料金が高くなるプランなどもあるため、要注意でしょう。また、仲介手数料も削ることは可能です。仲介手数料は、不動産へ支払うものであり、基本的には家賃一ヶ月分と消費税がとられます。この仲介料は新築などの物件では外すことができませんが、古い物件である場合は、大家さんの紹介料があるため、削れる場合があります。

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.