不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

バブルのときの不動産は

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
バブルの時にはどんな場合であれ、不動産価値の高騰が起きます。証券バブルであっても、そのときに余った資金がとりあえず不動産に向くからです。不動産というのは、なんといっても良い資産だからです。ですから、基本的には投資先にするのは良いことなのです。そしてバブルですから、資金はとても余っています。そのため、どんどん買う人が増えて、さらに地価が高騰するわけです。日本でも1980年代後半に起きたことがあります。しかし、投資家は良いとしても一般人はかなり厳しいものがあります。何故かといいますと住むところが確保できなくなることがあるからです。かなり都市部から離れることが必要になることもあります。

買おうとしてもかなりの金額になりますし、そして買ったとしてもかなりの固定資産税になります。借りるのにも相当な賃料であるわけです。ですから、景気が良くなるということはよいことではあるのですが、一般人の住むところまでその価格の高騰が押し寄せてくるとかなり問題になります。ですから、自治体がわざわざ公営住宅を作ったりすることがあります。政策的にはよいことです。今でも公営住宅というのは、安いことが多いです。無理をしないでそうしたところに住んだほうがよいです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.