不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

マンション不動産の委託管理

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
マンション不動産の管理は、管理組合が主体となって行っています。この場合ですと、マンションの住人が実務まで行わなければならないケースもあります。いわゆる自主管理という方法ですが、これは大変手間がかかりますし、十分な管理が出来ていないこともあります。そこで、その代わりを行ってくれるのが管理会社です。マンションの管理組合から管理会社に委託管理という方法で管理を委託します。これは委託契約という契約の形で頼むもので、部分的管理と全面的な管理の2種類があります。全面管理の方が一般的に手数料が高くなります。

例えば、マンションの水道・ガスのメンテナンスや共有部分の清掃業務などだけを委託するならば、これは部分委託です。管理業務の全てを管理会社に任せるのならば、こちらは全面委託になります。管理会社はいわば不動産の維持管理の仕事のプロですから、保守点検や防火・防犯・警備、など生活上の安全を守る為の設備の点検も任せられます。他にも、管理費を管理組合に代わって徴収する、などの業務も行います。マンションの管理は自分たちの組合で行いたいという所もあるかもしれませんが、最近ではほとんどが管理会社を通した運営・管理を行っているようです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.