不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産を所有するメリット

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
不動産というのは、所有することにメリットがあります。大きなメリットとしては二つあり、一つは自分で住むことができることです。土地だけであれば、建物を建てる必要がありますが、とにかく住むことができます。住まいがある、ということはとても大きなメリットであるといえます。言うまでもなく、人から住まいを借りる必要がなく、要するに家賃の負担がない、ということになります。不動産を持っているだけでも固定費はありますが、それでも借りるより遥かに良いことであるといえます。金銭的には借りるよりも持っているための維持費のほうがよいです。但し、最初に所有するための金額が高いです。要するに購入費用です。得をするまで、十数年かかることもあります。もう一つのメリットは、人に貸すことが出来ることです。土地だけであろうと建物付であろうと人に貸すことができます。それで賃料なり貸し賃を取ることができるわけです。

場合によっては、複数の不動産を所有して、その賃料で生活ができることがあります。それはある意味では多くの人の憧れの一つです。不労所得であるからです。このように不動産を所有することにはメリットが多いのです。持っている価値があるわけです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.