不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

資産としての不動産の保有

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
土地、建物といった不動産にはそれだけで資産としての価値があります。建物は減価償却していきますが、土地は永遠に資産価値を保有します。現金で子供に財産を残せなくとも、土地、建物を残せれば、それだけで相続財産が発生し子供にわずかでも財産を残すことができます。

しかし、土地も地価といった価格があり、極端に地価の高い土地の場合相続税がものすごく高くなり、かえって残された子供たちを苦しめることになりかねません。しっかりとした相続対策が必要です。しかし、土地さえあれば、売却して現金を得ることができます。もちろん、売却益があればその分税金を持っていかれますが、それでもまとまった現金が手に入るのは魅力でしょう。マンションも不動産ですが、保有しているのはあくまでも空間であり、その空間がある建物の価値は年々減価償却されていくものです。

そう考えると、子供に残す財産にもしたい。という思いの元不動産を手にする場合は、やはり、土地付きの物が良いと思われます。更地にして売却するもよし、駐車場にして利用するもよし、土地があれば何かしらの利用価値が発生します。先祖代々の土地が豊富にある人には頭の痛い問題でしょうが、これから不動産を入手しようと思う人は、ぜひこの点を考えてみるのもよいと思われます。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.