不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

円満な不動産相続には制度の理解が必要です

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
不動産は大きな財産ですから、相続の際にも揉めることがあります。そうなると、相続は親族における問題ですから、まさに骨肉の争いへと発展していくこともあります。そんなことは誰も望んではいないと思います。そこで、過剰な期待をせずに、冷静に話し合って、円満に処理するためには、相続というものの制度について理解しておくことも大切です。

先ず、法律では相続人の順位というものがあります。1位の人がいれば、2位の人は相続をするとこはできないという関係です。しかし、この順位は、親族の相続人に対する概念で、配偶者、つまり、被相続人の妻または夫は、必ず相続人となります。どの順位の人と相続するかによってその相続分が変わって来るだけです。先ず1位は子供です。配偶者と2分の1ずつという関係になります。兄弟がいれば、その2分の1を頭数で割ることになります。2位は両親です。相続分は、3分の1です。2人とも生きていれば、それの2分の1ずつとなります。そして3位は兄弟姉妹です。相続分は4分の1です。こちらも当然、その数に応じて案分するという形になります。これら、すべて被相続人に配偶者がいなければ、その相続財産全てを取得することになります。

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.