不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

住む以外の不動産があれば

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
自分が住む不動産がある、ということはとても有難いことです。なんだかんだいってもそれなりにお金がかかることになりますが、家賃を支払うよりは遥かにマシです。ですから、不動産を所有することはよいことです。そして、さらに余っているならば人に貸すことです。そうすることによって、利益を得ることができます。つまりは、不動産運用、ということです。人に貸すわけですが、これが上手くいくと相当な利益になりますから、非常にお勧めできます。そもそも持っているだけではあまり意味がないのです。むしろ、どうしても固定資産税がかかることになりますから、お金がかかるのです。せめて、そうした分は稼ぐことができるようになるべきです。

もちろん、さらに利益が出るならばそれにこしたことはないです。不動産といっても土地であることもありますし、建物であることもあります。はっきりいって借りてくれる人がいるのか、ということが最大の問題点になります。ですから、基本的には良い土地、家屋である必要があります。そうしないと逆に処分に困ることもあるのです。しかし、基本的には不動産というのは価値ある財産ですから、そうした悩みは滅多にないですから、心配することはないです。

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.