不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産のバブルというものは

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
不動産バブルというものは、意外と色々なところで発生しています。景気が良いところではよく起きるものです。しかし、それは極めて健全な経済活動であるといえます。人気があれば、そこに人が集まりますから、土地の売買が自由であれば、価値が高騰するのは当然のことであると言えます。しかし、問題なのは、あまり健全ではない高騰です。多かれ少なかれ、不動産の価値が上がる風潮が起きれば、価値は上がるものなのです。問題となるのは、国が意図的に起こしている場合です。それが意外と多くあるのです。例えば、住宅ローンの審査基準を下げることです。国がそうしたことをすることがあるのです。アメリカなんかがその代表例であるといえます。意図的に数十年に一度、不動産バブル、正確に言えば住宅バブルを発生させています。

多くの人が住宅を買えるようになれば、作ることが間に合わなくなるからです。つまり、バブルが発生するわけです。そして、そうしたことが起きると住むことを目的にしないで、転売目的だけで買う人が増えます。そうすると住めない人が増えます。それがとても問題になります。こうしたことを政府が解決することが重要なのです、つまりは、バブルをある程度押さえ込むのです。不動産は活用してこそ、意味があるのです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.