不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

アメリカで起きる不動産バブル

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
アメリカは定期的に不動産バブルが起きる国です。そして、それが好景気となって、世界的に影響があります。さすがに世界一の大国ですから、そこの景気は世界的に意味があることなのです。この不動産バブル、正確にいいますと住宅バブルですが、これは政府がかなり意図的に起こしています。つまりは、住宅を本来は買えないような人にもお金を貸して、買わせるのです。もちろん、強制的に買わせるわけではないのですが、それでも買いたがる人は多いです。ローンを組めるのであれば買おうとする人はたくさんいるのです。ですから、多くの人がその政府の思惑に乗るわけです。そうすることによって、住宅の需要が高まり、そしてバブルが起きるわけです。

アメリカ経済を支えている業界というのは、いくつかあるのですが、一つは住宅業界なのです。ですから、ある意味では景気を喚起するためにやっているだけであるといえます。しかし、毎回、歯止めが利かないところまでいきます。アメリカのことですから、どうしようもできないことではありますが、備えておくことはできます。日本にいても、出来るだけ波及しないように財産を不動産以外のものにしておく、ということはできます。日本の不動産価格にも影響があるのです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.