不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産の価値というものは

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
不動産というものには税金が課せられます。それで儲けていようといまいとその価値の分だけ課税されることになっています。これを固定資産税といいます。不動産の価値、というものは、需要によって決まるものです。これはどんな商品にでもいえることであり、自由競争で不動産の売買が出来る日本においては原則的にはそうなっています。売ることができない土地、一般人が所有できない土地、と言うものもありますが、極めて例外的ですから、あまりに気にしないでよいです。問題となるのは自分が住むときです。売ることを想定していないのであれば、価値は低いほうがよいです。そのほうが税金が低いからです。最終的に売るのであれば、高くなることがよいことではあるのですが、その分、税金が高くなります。そのあたりが非常に強いジレンマとなります。

何十年と住んでいるが、地価の高騰で維持することかできなくなった、と言う人が住んでいたところを売り払うことがよくあるのです。大抵の場合は駅が出来たとか空港が出来たとかそうしたことが原因です。つまり、便利になった、人が増えた、ということです。住むところは便利であって欲しいものですが、そうすると固定費が高くなります。覚えておくことです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.