不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです

不動産を所有するということは

不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです
不動産を所有する、ということは基本的にはよいことです。固定資産税というものがありますから、どうしても固定費はかかりますが、それでも借りるよりは遥かによいことが多いです。言うまでもありませんが、住むところをまずは確保することです。そうすることによって、まずは生活の基盤を得ることができます。仕事を探すとしてもなんといっても住むところがないといけないのです。そのことをよくよく理解しておくことです。出来るだけよいところを見つけるべきです。不動産を所有しておけば、ずっと住むことができます。余っているのであれば、貸すこともできます。

不動産が余っている、ということは実はそこまで良いことではないのです。もちろん、不動産を所有していることによって得られる様々なメリットは有難いことではありますが、それは運用してこそできることです。つまりは、人に貸すことです。自分が住むところであれば、別に固定資産税も支払う価値がありますが、何もしていないのにそうした費用を支払うのは良いことではないです。ですから、余っている不動産があるならば、売ってしまうか、貸してしまうことです。貸すことができるならば、そうしたほうがよいです。

注目情報

Copyright (C)2017不動産は一生の宝ですが売却して移転するのも選択肢の一つです.All rights reserved.